バーチャル富士ヒルクライム走りました

6/6と6/7は富士ヒルクライムが開催されるはずでした。
今年は当店のコーチングに来ていただいているお客様達と参加予定でしたがこのコロナ禍で中止が決定しました。
いまや富士ヒルクライムは日本でいちばん人気のあるヒルクライムと言えるほどになり参加者も1万人を超える大きなイベント。
自分としても初参加だったので中止になってしまったのは残念です。

そこで今年はバーチャル富士ヒルクライムが開催されました。
Zwiftのコースの1つRoad to Skyを走るイベント。
6/6と6/7で3スロットづつ6回の開催でZwiftができる環境があれば参加費は無料です。

自分は昨日6/6の20時から開催のスロットにエントリーしました。
この時間はフランスにてレース活動する別府選手も参加するらしい。
たぶん別府選手は本気では走らないと思いますが。

いつもZwiftで開催されるレースには開催の5分から10分前にスタート地点に移動するんですが今回は人数も多いだろうと予想して20分前ぐらいにはスタート地点へ。
既にかなりの人数がいて先頭から10番目ぐらいの位置でした。
スタートから出遅れないように15分ぐらいかけて入念にアップしました。
心拍も上がって汗もかくぐらいでちょうどいいアップが出来たところでスタートまで1分も切りました。

使用するローラー台は当店のコーチングでも使用するGROWTACのGT-Roller F3.2で順位に不正がないよう前日にローラー台のパワー校正もしました。
Zwiftでは実際の体重よりも軽い設定にすると登りでかなり優位になってしまうため170CMで61Kgと実際の自分の体格と同じ設定にしてあります。
Zwift内で使用するバイクは累計標高5万メートルを達成すると貰えるCONSEPT Z1で通称トロンバイクです。
トロンバイクは性能も高くて光る車体がカッコいいです。
それとスピードには影響ないですがジャージは先月にあったイベントで貰ったセラミックスピードのジャージで走りました。
このジャージとトロンバイクの組み合わせだと見た目が速そうに見えて最近のお気に入りです。

カウントダウンの後いよいよスタート。
762人がスタート。
やっぱり日本人が多いがZwiftで日本人がこんなに多いイベントは初めてではないだろうか。
思ったとおり最初からペースが速いが300W後半ぐらいで踏み続けてすぐ先頭グループに合流。
別府選手は最前列スタートだったのでしばらく先頭集団にいましたがすぐにペースを落としたようで後方にいなくなりました。
スタートからAlep de Zwiftの登り口までは数キロあって細かいアップダウンを繰り返す。
先頭集団に遅れないように先頭から20位前後の位置をキープするようにしてなるべく無理しすぎないようにする。
コーナーを曲がると登りに入る。
この登りは日光のいろは坂のようにコーナーごとに区間が設けられています。
各区間を通過すると走った区間のアベレージの心拍とワットが分かるようになっているので各区間ともアベレージワットが300Wを下回らないように走ることを心掛ける。
少しづつ順位を上げていって登りの中間地点で10位以内に入る。

ラスト5キロぐらいになってから7位まで順位を上げてこのまま行けるかと思ったら後ろから来たドイツ人に抜かれた。
勢いが凄かったので追うことはしなかった。
この時点で8位。
この抜いていったドイツ人みるみる自分とタイム差が開いていく。
自分も後半2キロからペースを上げて後ろの選手とタイム差をつけてきているのにもかかわらずだった。

そしてゴール。
ゴールは単独で誰ともゴール勝負にはならなかった。
順位は8位で終了。

タイムは45分53秒でした。
このタイムを1.5倍したのが富士ヒルクライムのタイムに近いとフェースブックのZwiftページに投稿があったので1.5倍してみると約69分です。
ゴールドにもおよばずシルバーの順位でした。
まあこんなもんでしょう。

先月同じコースを使ったレースがあったのでそこでは優勝しました。
そのレースのときのAlep de Zwiftのみのタイムをストラバで比較したところ。

37分25秒でした。

今回は。

39分8秒で1分46秒も遅い。
自分の感覚的では同じぐらいかと思っていたんですが。
どちらもレースだったのでレース展開でタイムは変りますがそれにしても遅い。

と、まあこんな感じでした。

いつもZwiftでレースをしていると思うのですが自分のレース展開の仕方というか流れがリアルのレースと同じになります。
平坦主体のレースだと終盤まで先頭集団のそこそこの位置にいることができてもラストのゴールスプリントが苦手で集団最後尾ゴールになってしまう。
ヒルクライムだと前半から先頭に出ることはなく走りながら徐々に順位を上げる展開でそこそこの順位でゴールするけどなかなか優勝はできない。

今年はプロのレースまでバーチャルで開催することもあって、とうとうアマチュアレースの富士ヒルクライムもバーチャルで開催されました。
レースはバーチャルで開催すれば落車がなくて安全だなんて冗談で言っている人もいましたがコロナのせいでそれが現実になりました。
もしかしたらこれからバーチャルのレースもレースの形態の1つとして定着するかもしれませんね。

でも自転車は風を感じながらいろいろな路面状況にも対応しながら乗車テクニックを磨いていくのが本来の姿です。
今年は多くのアマチュア向けのレースは開催がほぼ絶望的と思われますが世の中の状況が改善されて通常のレースが開催できることを望みます。

浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
TEL:03-5849-4701
店舗HP
メールでの問い合わせ 2012spiritobike@gmail.com
(現在問い合わせフォームのリンクが切れておりますのでメールでの問い合わせはこちらのアドレスをコピペしてご使用ください。)

フィッティング申し込みフォームはこちら
ロードフィッティングサービス1回15000円です!
スピリートコーチング実施中
コーチング申し込みフォームはこちら
洗車サービス始めました!
ホイールバランス取り2160円

「Zwiftミートアップ」第一回スピリートミートアップレース開催しました

当店スピリートでは4月から毎週水曜日と日曜日の18時からZwiftのミートアップという機能を使ったグループライドを開催しています。
いつもはミートアップのまとめる機能で脚力が違っても一緒にグループで走れる設定でしたが昨日5/3日曜日のミートアップは初のレースを開催しました。
コースはZwiftの仮想コースWATOPIA内の「Bigger Loop」54.2㎞を1周するレースでした。
最初は皆で同じ条件でスタートするために5キロまではゆっくり走行、その後レーススタートという設定にしました。
このコースは最初街をスタートして平坦から峠もあり下りもありまた登って最後は平坦を走って街に戻ってくるという実際のレースに近いようなコース設定です。

5キロのアクチュアルスタート後ずっと同じ集団で走っていましたが最初の峠に入る前には私と競技部に所属する高校生と二人になってしまいました。
平坦が速くトラックが得意な高校生のため登りで差をつけねばと思い先行しますが峠に至った時点で差は30秒ほど。
当店のコーチングで使用しているGROWTAC GT-Roller F3.2はスマートトレーナー化してあるため登りでは負荷が重くなりワットを高く保ちやすいですが下りでは負荷が軽くなり逆にワットを上げにくくなります。

次の短い峠もほとんど差がつかずゴール手前まで先頭交代するような形で進む。
残りこのままでは最後に刺されて終わってしまうリアルレースでもよくある自分のパターンに持ち込まれてしまうためゴール2キロぐらい手前からロングスパートを掛ける。
だいたい350W前後をキープするように走るも差はたいして開かずラスト数百メートル手前で高校生がアタックする。
たしか瞬間で10倍以上のパワーが出ていたと思う。
あっという間において行かれてやっぱりこれまでかと思ったが失速して落ちてきた。
ラスト30秒は500W近いパワーで踏んでゴール200m手前ぐらいで捉えてなんとかゴール。

いつもZwiftでもリアルレースのようにスプリント力の無さで先頭集団にいてもゴール勝負ではずぶずぶ後退して最後尾ゴールというのが自分のお決まりでしたが今日だけは違いました。
タイムは1時間38分でアベレージワットは228Wでした。
先日の金曜にもZwiftでレースに参加したんですがその時はアベレージワットが275Wでした。
今日のコースは下りも長かったのでアベレージワットは低くなったようです。

そして翌日の今日はZwiftで初の筋肉痛になりました(笑)

      浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
      BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
      TEL:03-5849-4701
      店舗HP
      メールでの問い合わせ 2012spiritobike@gmail.com
(現在問い合わせフォームのリンクが切れておりますのでメールでの問い合わせはこちらのアドレスをコピペしてご使用ください。)

フィッティング申し込みフォームはこちら
ロードフィッティングサービス1回15000円です!
スピリートコーチング実施中
コーチング申し込みフォームはこちら
洗車サービス始めました!
ホイールバランス取り2160円

Zwiftミートアップを行いました

自転車には良い季節になりました。
しかし昨今のコロナの影響でグループライドを敬遠し単独で走っている方も多いですね。
それはやはり当然ですがそれでもグループライドも楽しみたいところ。
そこでバーチャルでグループライドが出来るZwiftのミートアップ機能を使って昨日18時より1時間でグループライドを行いました。
ZwiftのミートアップとはZwift上にて知り合い同士でグループライドやレースが出来る機能です。
今回は私がホストになって事前に設定したコース等の条件で参加してもらいたい方へお誘いしました。

まずはセッティングから。

18時前にZwiftにログインしてスタート地点で待機。
コースはWATOPIAのVolcano Climbでここを1時間走行。
脚力によって集団から離れることなくぺダリングしていれば同じ集団に留まれるという設定にしてあります。
このあたりは実走では不可能なバーチャルならでは。

参加者は4名。
18時ちょうどになったらぺダリングを開始。
最初は他のグループライド集団の人数が多くて離れ離れでしたが数分で合流。


見事なほどきれいに並んで走っています。

ミートアップの少し前にタイヤをチューブレスレディータイヤに交換してシーラントを入れたのでシーラントをタイヤ内部でしっかり回そうと交換したばかりのタイヤで走行したところ(ローラー台はグロータックのF3.2を使用のため後輪で駆動します)エアーの抜けが治まらず20分ほどしていちど降りてエアーを入れて再スタート。
鬼漕ぎして2分ほどで合流。

Zwiftは常に個人のパワーウェイトレシオが表示されるのでだいたい他の人がどの程度のワットで漕いでいるか予想できます。
特に登りではかなり出力差が出ていますがそれでも何となく皆が同じ位置で走れていました。


ボルケーノなので山の斜面にマグマが流れています。

こうして1時間はあっという間に終わりました。
ひとりで1時間Zwiftしてるよりもだいぶ時間がたつのが早く感じました。

これからも定期的にミートアップをしていきます。
参加規程はこれから考えますが当店を利用したことのある方に限らせていただきますのでよろしくお願いいたします。

     浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
     BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
     TEL:03-5849-4701
     店舗HP
     メールでの問い合わせ 2012spiritobike@gmail.com
    (現在問い合わせフォームのリンクが切れておりますのでメールでの問い合わせはこちらのアドレスをコピペしてご使用ください。)

フィッティング申し込みフォームはこちら
ロードフィッティングサービス1回15000円です!
スピリートコーチング実施中
コーチング申し込みフォームはこちら
洗車サービス始めました!
ホイールバランス取り2160円

BAR esとコラボ企画

先日はスピリートのある観音裏でこんな企画がありましたが。

酔いの宵

今回スピリートとコラボするBAR esもこの企画に賛同していたお店の1つ。
私自身もよく行くお店なんですが先月はコラボ企画第一回目としておでんを作りました。
今月は燻製です。

メニューはささみ、ベーコン、チーズ、たまご、ナッツで多少は内容が変わるかもしれません。

〇3/21.22 21時より2日間
〇1プレート500円 1日限定10食です

当店の業務とは直接関係ない企画ですが馴染みのお店なのでちょっとでもお手伝いが出来ればということで。
ドリンク類はBAR esにてオーダーしていただいてこちらの燻製は別会計となります。

BAR esの場所はこちらです。

皆様のお越しをお待ちしております。

浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
TEL:03-5849-4701
店舗HP
メールでの問い合わせ 2012spiritobike@gmail.com
(現在問い合わせフォームのリンクが切れておりますのでメールでの問い合わせはこちらのアドレスをコピペしてご使用ください。)

フィッティング申し込みフォームはこちら
ロードフィッティングサービス1回15000円です!
スピリートコーチング実施中
コーチング申し込みフォームはこちら
洗車サービス始めました!
ホイールバランス取り2160円

ツール・ド・沖縄に参加してきました

報告が遅くなりましたが先日10日に開催されたツール・ド・沖縄へ参加してきました。
今年の参加クラスは新設された140キロマスターズ。
なぜこのクラスにしたかというとエントリーが始まった8/1にはまだ沖縄に参加する意思がなく去年まで参加していた100キロマスターズは人気のカテゴリーでエントリー開始直後に締め切りになったのですが8月になり思っていた以上に調子がよくなり参加してみようかと思った8月下旬にはこのクラスしかエントリー出来なかったためです。
結果はこちらのブログでお伝えしたとおり落車による左鎖骨骨折で途中棄権となりました。
今日で手術後1週間たち左手でもPCのキーボードが打てるようになりました。

今年も沖縄へは去年と同じく当店のお客様のIさんと参加。
前日の土曜日9日朝に羽田を発ち昼前には那覇に到着。
大会会場の名護まではバスで移動。
受付を済ませて出店ブースなんかを見学しながら知り合いや顔見知りの業界関係者に挨拶したりして過ごす。
140キロはスタートが大会会場の名護市ではないため大会側が用意したバスで夕方にはスタート場所近くの国頭まで移動。
そして当日朝。
朝食を軽くとってから前日大会会場で預けておいた自転車を近くのオクマリゾートで受け取ってスタート地点までは自走で移動。
オクマリゾートからは1.5キロほどしかない。
時間は7時ぐらい。
既に多くの自転車が並べられている。
まだ寒いが荷物はゴールの大会会場行きのバスに預けてしまったので防寒着がない。
なるべく日向に居て過ごす。
スタート予定時間は9時半ぐらいだがスタートは国際200キロのメイン集団が通過してからという決まりのため予想より通過時間が早く10分ぐらい早めにスタート時間となった。
まずは140キロオープンクラスがスタートして我々140キロマスターズがスタート。
スピードはそれほど速くないが既に現役を退いて10年以上。
年間でレースらしいレースは沖縄しか出場しないのでレース感がなく集団を縫って前に行くのが怖くてなかなか番手を上げられない。
140キロは210キロと同じくコース上で最大の山場普久川ダムを2回登る設定になっている。
自分の作戦としては1回目の登りの手前で先頭集団まで追い上げてなるべく脚を使わず集団後方でクリアーして次の登りに備えるというもの。
しかし、昔は山が得意だった自分も今や体重の増加(6キロぐらい増えた)と加齢にしたがいパワーも落ちて山は苦手になってしまった。
じゃ、なにが得意と言われると得意もないんですが…
しかし、絶不調だった昨年より3キロぐらい体重を落としてぎりぎり50キロ台になったので少しはいけるとふんでいた。
なんとかメイン集団の後方で1回目の普久川ダムをクリアーできたと思う。
が、下って平坦に出てもなかなかメイン集団に追いつけず差が開くばかり。
数人と先頭交代して追いつこうとするがだんだんメイン集団は見えなくなってしまった。
そして辺戸岬を経由して北部を1周してまた普久川ダムの登りに。
ここまでで10数人の集団となっていた。
やはり同じくメインから切れてしまったもの同士の集団のため登りではそれほどお互いに差がつかずほぼ全員でクリアー。
頂上付近で新しいボトルを受け取って下ると東海岸の細かいアップダウンのある道を南下。
途中何度か先頭交代をしながらペースを維持していこうという動きがあるがもう既に脚がかなり削られている人もおりなかなか上手くいかない。
何度か仕切り直して10人ちょっとの集団だったが6人ぐらいでなんとなく先頭交代しながら進んでいく。
そして問題の事故発生現場はゴールまで残り25キロほどだったと思う。
緩く登ってすぐに下った場所に2車線道路の右側にニュートラルカーが停車していた。
その時点でおそらく自分がいた集団は10人ぐらいだった。
そしてその時点で自分は集団後方。
大会側が左に寄るように旗を振っていたが下ってすぐだったためか集団前方が気付くのが一瞬遅くニュートラルカーを避けようと無理に左によったことで落車が発生。
たしか前方で2人ほどが転んでいた。
そして転んだ一人が立ち上がってしまいその人に自分が激突。
もう気付いたときにはブレーキは間に合わずリアタイヤはズルズルと滑っていた。
激突して自分は左へ転倒。
もう一人は右の草むらに転んだようだった。
かなりの勢いで左肩の三角筋を地面に強打。
あまりの衝撃の強さでその瞬間で終わったと悟った。
転んだまま左鎖骨が折れていないか触って確認してみたが折れていたのは確認できなかった。
肩を触ると明らかに落ちていて左腕は全く上がらなかった。
そのまま転んでいると後続に突っ込まれてしまうので急いで端に寄る。

これが落車した時のヘルメット。
地面を引きずった跡もなくゼッケンシールが削らているだけ。
これを見ても真横に勢いよく倒れたことがうかがえる。
しかし、このSH+のヘルメットのおかげで頭はなんともなかったので助かった。
右手で左腕を支えていないと腕が落ちてしまいそうだったのでずっと右手で支えていたニュートラルカーで名護の病院に搬送され診断を受けると左鎖骨が折れているとのこと。
触って分からなかったのは端で折れたからだった。
幸いにもスマホをジャージポケットに入れて走っていたため一緒に参加したIさんに病院から電話した。
Iさんは100キロクラスだったため既にゴールしていた。
大会側では大会会場までは自力で行ってくれと言われ病院まで搬送してくれたスタッフの方々は帰ってしまった。
Iさんが機転を利かしてくれて当店近くに住むAさんも参加していたため会場で探してくれてAさんのレンタカーで病院まで迎えにきてくれた。
このお二人がいなかったら途方に暮れていたので今回は感謝しかありません。
絶対に手術が必要な状態だったが沖縄で入院するわけにもいかず予定どおりその日の最後の便で東京に帰ってきた。
とりあえず帰ってこれてよかった。
ちなみに自転車は故障どころか傷もなく全て自分が衝撃を被ってしまったようだった。

また後日、入院から手術、退院から現在までを報告します。

それと最後にお願いが。
左腕の自由が効かず作業が承れません。おそらく今月いっぱいは無理そうです。
ですので沖縄から帰ってきてから店の売り上げは毎日ほぼゼロです。
毎日売り上げがないのはかなり切実です、こちらのブログを見てくださっている当店のお客様にはできるだけ商品をお買い上げいただけると大変有難いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

     浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
     BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
     TEL:03-5849-4701
     店舗HP
     メールでの問い合わせ 2012spiritobike@gmail.com
    (現在問い合わせフォームのリンクが切れておりますのでメールでの問い合わせはこちらのアドレスをコピペしてご使用ください。)

フィッティング申し込みフォームはこちら
ロードフィッティングサービス1回15000円です!
スピリートコーチング実施中
コーチング申し込みフォームはこちら
洗車サービス始めました!
ホイールバランス取り2160円

「attack!299」へ今年も行ってきました

毎年8月第一週の日曜に行われるattack299へ去年に続き今年も行ってきました。
attack299とは埼玉県の飯能から国道299号を走って長野県茅野市がゴールのイベントで今年は8/4でした。

前日の15時まで店を営業して店を閉めてから池袋まで自走し池袋から西武線で輪行して夕方に飯能入り。
大会受付近くにあるホテルに宿泊して5日の夜3時にスタート。
今回はスピリートチームからは6人エントリーで直前になって一人がDNSになったため5人での出走になりました。
出走は3時から5時の15分おきスタートで時間は任意で選べるため我々は3時スタートにしました。

3時出走の人数は30人ぐらい。
去年と違い最初からいいペースで進む集団だったためこのまま集団についていく作戦でいきました。
3時スタートのためまだ道は暗くガーミンにルートを入れてナビゲーションしていますがコースアウトしてしまいそうだったため集団で助かりました。
最初の山伏峠も集団でまあまあのペースで登る。
下りは集団が分断しましたが下り切った場所に信号があってそこで待っていたらまた集団がひとつに。
前を走ってくれていた別チームの方たちが後ろを待っているのかペースを落としたので我々がこの集団の先頭に。
次は志賀坂峠を登る。
ここでMさんが遅れ気味に。
先日夜まで仕事があってほとんど眠れなかったらしく体調がいまいちの様子。
本人が先に行ってくれというのでこの先は4人で走る。
次の峠が十国峠ですが峠の手前に大会が用意した補給ポイントがありこのあたりはコンビニ等が一切ないのでトイレと補給を済ましてからスタート。
去年もメインの十国峠に至るルートは通れず回避ルートを走ったのですが今年も開通しておらずこの道がとにかく斜度が急で全く休めない。
10~15%が延々続く道。
去年は山伏峠から先はずっと単独走行でしたが今年は4人のチーム員で登れたので気持ち的にはラクだったかもしれません。
ここも無事クリアーして残るは最大の山場麦草峠。
麦草峠の手前にあるセブンイレブンが最終チェックポイントになっていてここを12時までにクリアできないと足切りになる決まりですが我々はまだ9時すぎだったのでかなり余裕があります。
ここでも補給とトイレを済ましてスタートするも30キロ近くも延々と続く峠道を考えると憂欝な気持ちになる。
ここまでで3つの峠を越えて130キロを走っているので登り始めてもなかなかペースが上がらない。
最初を4人で登っていましたが暑さのためか自分が気分が悪くなってしまったのでペースを大幅に落として3人には先に行ってもらう。
去年はこの峠で右膝が腸脛靭帯炎になってしまったが今年はキネシオテープを巻いたからか全くその兆候はない。
峠の中間付近の補給所に着いたころには気分もよくなってペースを上げて先行してもらったチーム員を追い上げる。
やっと峠に到着。

まだ追いつけていないので下りもある程度飛ばしていくが結局追いつけなかった。
12時過ぎにゴール。
どうやら先行してもらったチーム員よりも15分近くも遅れてしまったようだった。

後で聞いたところによるといつも一緒に練習していて無尽蔵のスタミナがあるかのように体力があるIさんも残る3人から途中で脱落してしまったらしい。
やはりこのイベントは過酷なものだということが改めて分かった気がしました。

このイベントは飯能でスポーツバイクショップを営んでいる三上さんというかたが企画運営しているもので今年で15回目だそうです。
コースは俗に酷道299号とも言われる過酷なルートを走る大会ですが携わっているスタッフの方もアットホームな雰囲気で楽しい大会です。
また来年も出ようと思います。

浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
TEL:03-5849-4701
店舗HP
メールでの問い合わせ 2012spiritobike@gmail.com
(現在問い合わせフォームのリンクが切れておりますのでメールでの問い合わせはこちらのアドレスをコピペしてご使用ください。)

フィッティング申し込みフォームはこちら
ロードフィッティングサービス1回15000円です!
スピリートコーチング 火、土曜18時半より実施中
コーチング申し込みフォームはこちら
洗車サービス始めました!
ホイールバランス取り2160円

明日のコーチングはまだ予約に空きあります!

先月末より始めた当店のコーチングですが好評です。
明日は平日ということもありまだ予約がありません。

先日は当店のお客様PちゃんサイクルのPちゃんもコーティングを受けましたよ。
当店でコーチングを受けたお客様の意見としてはひとりだとこんなに追い込んだトレーニングは難しいけどここに来ると出来るという意見が多いです。
明日は直前でもご連絡いただければコーチングが可能なこともありますのでご予約お待ちしております。

     浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
     BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
     TEL:03-5849-4701
     店舗HP
     メールでの問い合わせ 2012spiritobike@gmail.com
    (現在問い合わせフォームのリンクが切れておりますのでメールでの問い合わせはこちらのアドレスをコピペしてご使用ください。)

スピリートコーチング 火、土曜18時半より実施中
ロードフィッティングサービス1回15000円です!
洗車サービス始めました!
ホイールバランス取り2160円

Pちゃん夫妻とキャンプへ

先日の週末3/16~3/17の1泊2日でPちゃん夫妻とキャンプへ行ってきました。
場所は千葉県の久留里。
前々からPちゃん夫妻がキャンプ好きだと聞いていて自分もキャンプが好きなので一緒にキャンプへという話をしていたんですが天気が悪かったりとか都合が合わなくてなかなか実現できず今回やっと行けることになりました。

当店でもおなじみのPちゃんですがご存じない方はこちらを。
4コマ漫画で当店のこともちょくちょく紹介してくれています。

ギリギリまで雨が降りそうな予報だったんですが土曜日の当日は曇りながらも雨は降らず決行となりました。
自分は自転車でのキャンプツーリングも好きなのでキャンプ道具を積んで現地へ。
装備はこんな感じです。

スピリートを朝8時過ぎに出発。
ルートは先月の江戸川、印旛沼1周ツーリングの集合場所だった市川橋を渡ってひたすら道なりに走って姉崎から内陸に入って、これまたひたすら道なりに行くとキャンプ場「かずさオートキャンプ場」に到着といたって簡単なルートでした。
距離は80キロをちょっと切るぐらいでほぼ平坦ながらMTBに荷物満載なので時間はかなり掛かるだろうと5時間ぐらいを予想していたんですが4時間ぐらいで到着しました。

キャンプ場のチェックインは13時からで12時ごろに自分は到着したんですがまだPちゃん夫妻は来てません。
久留里の町へ行ったりしながら暇を潰していたら13時ごろPちゃん夫妻も到着。
Pちゃん夫妻は車です。
受付して指定のキャンプサイトへ行ってタープを立ててテントも立ててとりあえず準備完了。
テントはひとり1テントと贅沢です。

それから食材の買い出しに町へ。
まずは夜の宴会用のお酒を。
久留里は水がきれいな場所なので日本酒の酒蔵がいくつかあります。
そのうちの1つ「天乃原」さんへ。


熱燗向きの本醸造とロックやストレート向きの純米酒を1本ずつ。
どちらも辛口です。

次は食材の買い出しにこちらへ。

地元ローカルって感じのスーパーです。

次はコーヒー豆をこちらで。


どうもこちらのコーヒーは当日売る分だけ焙煎しているみたいでドリップしたら新鮮な証拠であるお饅頭のように膨らむコーヒーでした。

こちらでたい焼きも売ってたので買ってきました。

当店近くによくある下町のたい焼き屋さんみたいに甘さが強いたい焼きではなくて甘さひかえめで上品なたい焼きでした。

夜はアヒージョとか焚火の火で椎茸焼いたりとか。

アルミホイルでハンバーグとか。

アヒージョの残りオイルでペペロンチーノとか。

ステーキまで!

このステーキを焼いている鉄板はPちゃん夫妻持参の自慢の鉄板で肉が美味しく焼ける鉄板だそうです。

という感じで、ほとんどPちゃんに料理してもらってしまったので大変恐縮でしたがおかげで美味しいキャンプ飯がいただけました。

夜になってかなり寒くなりましたが焚火のおかげで暖かくすごせました。

焚火を囲みながら普段店ではあまりお客様に言えないような自転車談義なんかをPちゃん夫妻にしてたらツボにはまってくれたようで良かったです。

翌日朝は自分がたまごサンドをPちゃんがパスタを作ってくれました。

キャンプ場のチェックアウトは11時と遅めなのでゆっくり後かたずけして帰路へ。

自分はそのままスピリートまで戻っていちおう16時から店を開店しました。
次回はもう少し暖かくなったらまたキャンプに行く予定です。

     浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
     BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
     TEL:03-5849-4701
     店舗HP
     メールでの問い合わせ 2012spiritobike@gmail.com
    (現在問い合わせフォームのリンクが切れておりますのでメールでの問い合わせはこちらのアドレスをコピペしてご使用ください。)

ホイールバランス取り2160円
ロードフィッティングサービス1回15000円です!
洗車サービス始めました!
スピードワックス施工済みデュラエースチェーン8340円

江戸川、印旛沼1周ツーリング

2/24の日曜日、穏やかな陽気の中スピリートのお客様たちと150㎞のツーリングへ行ってきました。
江戸川を北上して江戸運河を経由、利根川から印旛沼に出て稲毛海岸へ至りまた江戸川に戻るコース。
ルートはこれです。
最初の日程では前日の23日に開催予定でしたが事前の天気予報で雨の可能性が高そうだったため翌日の24日になりました。
結局23日も雨は降らなかったのですが風が強かった日だったのでやはり24日にして正解でした。

当日は朝7時に江戸川サイクリングロード沿いにある小岩菖蒲園に集合。
今日は当店でもおなじみの小学生トライアスリート信之介くんのお姉ちゃん「ほたるちゃん」も初参加。
ほたるちゃんは中学生ですが信之介くんと同じくトライアスリートです。

まだちょっと寒い中江戸川を北上、この日は暖かい予報でしたがさすがにこの時間は気温は4℃ぐらい。
昼間はかなり暖かくなるのを予想して薄手の指付きグローブをしてきたので指先が寒さで痺れている。

三郷を通り過ぎてしばらく行った先にある玉葉橋(ぎょくようばし)を渡って少し道を戻って江戸運河へ。
江戸運河に入ってちょっと行ったところ、東京理科大野田キャンパスの少し手前あたりで最初の休憩。
以前ここは自販機が数台並んでいたが無くなっていました。
でも、すぐ近くにあったトイレが新しくなって綺麗になってました。
ここで時間は8時ごろでしたがだいぶ気温も上がって寒くて痺れていた手先ももうなんともありません。
ここからさらに利根運河に合流。

新大利根大橋を渡ると茨城県守谷市へ。
一般道を走って途中のセブンイレブンで2回目の休憩後、利根川サイクリングロードへ。

利根川サイクリングロードから印旛沼へ向かうため安食のあたりから一般道へ。
ちょっとコンビニで休憩。
ここで時間は10時過ぎぐらい。
だいたい思っていたとおりのペースです。
印旛沼サイクリングロードに入ってしばらくしたらまた一般道へ。
また一般道へ出た目的は本日のメインともいうべきお昼にうな重をいただくため。
ちょうど目的地のお店に到着したのが開店時間の11時でした。
うな重は準備に時間が掛かるだろうから開店時間に合わせて到着したかったので予定通りの到着でした。
お店はここ「レストハウス とみい
2014年にスピリートで同じコースで走ったときにも立ち寄ったお店です。
印旛沼周辺はうなぎが有名らしくうなぎを食べることができるお店がいくつかあるようですがここはそれなりの人数で行っても入店できるので数人のグループで走って行っても大丈夫です。
以前はあったバイクラックが無くなっていたのはちょっと残念でした。
今回は私も含めて7人ですが5人がうな重を注文。
1時間ぐらいかかると思っていたのが意外に早くきました。

これで2500円です。
以前来たときと値段も同じでした。
前は関西風のさばいてからすぐ焼く皮がパリパリしてるうなぎだったんですが蒸してから焼く関東風のうなぎになってました。
やはり昔から食べなれたうなぎのほうが安心します。
ここのお店の方が最近近所でバンクシーの絵らしきものがあってニュースにもなったと言ってました。
予定しているコースの途中にあるようなので行ってみることに。

ありました!

公園のトイレ裏にひっそりとあります。
ですが、どうも近所の役所では本物ではないのでは?ということで消してしまうらしいです。
ここの公園、元々はこの辺りでナウマンゾウの親子の骨が発掘されたことにちなんで作られた公園です。

この公園をあとにしてさらにサイクリングロードを行くと渓谷のような場所に出て。

まさにここでナウマンゾウの骨が発掘された場所として石碑があります。

この先には印旛沼名物オランダ風の風車が。

風車の前で記念撮影。

ここから幕張の海まではあと25キロぐらい。
途中にちょっとしたグラベルを通過して幕張まで残り8キロ手前ぐらいの道の駅で小休止後やっと幕張に到着。

やっぱり海に出ると走ってきた甲斐もひとしお。
あとはスタート地点だった江戸川まで一般道を走って。
夕方5時ごろに江戸川に到着。

解散前に最後の1枚。

なんとか明るいうちに戻って来れました。
この日は風もなく穏やかで快適な走りでした。
最後に初参加のほたるちゃんに疲れてるかどうか聞いたところほとんど疲れは感じていない様子でした。
距離は本人にとって最長距離になりましたがいつものトレーニングよりもかなり強度が低めだったからのようです。

今回のこのコースはサイクリングロードをつないでほぼ平坦路のみのコース。
夏場は遮るものがなく暑そうですがそれ以外の季節なら快適に距離を稼げるコースですので是非挑戦してみてください。

     浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
     BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
     TEL:03-5849-4701
     店舗HP
     メールでの問い合わせ 2012spiritobike@gmail.com
    (現在問い合わせフォームのリンクが切れておりますのでメールでの問い合わせはこちらのアドレスをコピペしてご使用ください。)

ホイールバランス取り2160円
ロードフィッティングサービス1回15000円です!
洗車サービス始めました!
スピードワックス施工済みデュラエースチェーン8340円

「江戸川、印旛沼1周150㎞」2/23から2/24に変更します。

2/23に予定していた「江戸川、印旛沼1周150㎞」ですが当日の天気予報がよくなく雨の予報のため2/24に変更いたします。
現在2/23に参加予定の方もおりますが改めて参加募集をいたしますのでよろしくお願いいたします。
参加いただける方は2/22までにご連絡ください。

     浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
     BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
     TEL:03-5849-4701
     店舗HP
     メールでの問い合わせ 2012spiritobike@gmail.com
    (現在問い合わせフォームのリンクが切れておりますのでメールでの問い合わせはこちらのアドレスをコピペしてご使用ください。)

ホイールバランス取り2160円
ロードフィッティングサービス1回15000円です!
洗車サービス始めました!
スピードワックス施工済みデュラエースチェーン8340円