バーチャル富士ヒルクライム走りました

6/6と6/7は富士ヒルクライムが開催されるはずでした。
今年は当店のコーチングに来ていただいているお客様達と参加予定でしたがこのコロナ禍で中止が決定しました。
いまや富士ヒルクライムは日本でいちばん人気のあるヒルクライムと言えるほどになり参加者も1万人を超える大きなイベント。
自分としても初参加だったので中止になってしまったのは残念です。

そこで今年はバーチャル富士ヒルクライムが開催されました。
Zwiftのコースの1つRoad to Skyを走るイベント。
6/6と6/7で3スロットづつ6回の開催でZwiftができる環境があれば参加費は無料です。

自分は昨日6/6の20時から開催のスロットにエントリーしました。
この時間はフランスにてレース活動する別府選手も参加するらしい。
たぶん別府選手は本気では走らないと思いますが。

いつもZwiftで開催されるレースには開催の5分から10分前にスタート地点に移動するんですが今回は人数も多いだろうと予想して20分前ぐらいにはスタート地点へ。
既にかなりの人数がいて先頭から10番目ぐらいの位置でした。
スタートから出遅れないように15分ぐらいかけて入念にアップしました。
心拍も上がって汗もかくぐらいでちょうどいいアップが出来たところでスタートまで1分も切りました。

使用するローラー台は当店のコーチングでも使用するGROWTACのGT-Roller F3.2で順位に不正がないよう前日にローラー台のパワー校正もしました。
Zwiftでは実際の体重よりも軽い設定にすると登りでかなり優位になってしまうため170CMで61Kgと実際の自分の体格と同じ設定にしてあります。
Zwift内で使用するバイクは累計標高5万メートルを達成すると貰えるCONSEPT Z1で通称トロンバイクです。
トロンバイクは性能も高くて光る車体がカッコいいです。
それとスピードには影響ないですがジャージは先月にあったイベントで貰ったセラミックスピードのジャージで走りました。
このジャージとトロンバイクの組み合わせだと見た目が速そうに見えて最近のお気に入りです。

カウントダウンの後いよいよスタート。
762人がスタート。
やっぱり日本人が多いがZwiftで日本人がこんなに多いイベントは初めてではないだろうか。
思ったとおり最初からペースが速いが300W後半ぐらいで踏み続けてすぐ先頭グループに合流。
別府選手は最前列スタートだったのでしばらく先頭集団にいましたがすぐにペースを落としたようで後方にいなくなりました。
スタートからAlep de Zwiftの登り口までは数キロあって細かいアップダウンを繰り返す。
先頭集団に遅れないように先頭から20位前後の位置をキープするようにしてなるべく無理しすぎないようにする。
コーナーを曲がると登りに入る。
この登りは日光のいろは坂のようにコーナーごとに区間が設けられています。
各区間を通過すると走った区間のアベレージの心拍とワットが分かるようになっているので各区間ともアベレージワットが300Wを下回らないように走ることを心掛ける。
少しづつ順位を上げていって登りの中間地点で10位以内に入る。

ラスト5キロぐらいになってから7位まで順位を上げてこのまま行けるかと思ったら後ろから来たドイツ人に抜かれた。
勢いが凄かったので追うことはしなかった。
この時点で8位。
この抜いていったドイツ人みるみる自分とタイム差が開いていく。
自分も後半2キロからペースを上げて後ろの選手とタイム差をつけてきているのにもかかわらずだった。

そしてゴール。
ゴールは単独で誰ともゴール勝負にはならなかった。
順位は8位で終了。

タイムは45分53秒でした。
このタイムを1.5倍したのが富士ヒルクライムのタイムに近いとフェースブックのZwiftページに投稿があったので1.5倍してみると約69分です。
ゴールドにもおよばずシルバーの順位でした。
まあこんなもんでしょう。

先月同じコースを使ったレースがあったのでそこでは優勝しました。
そのレースのときのAlep de Zwiftのみのタイムをストラバで比較したところ。

37分25秒でした。

今回は。

39分8秒で1分46秒も遅い。
自分の感覚的では同じぐらいかと思っていたんですが。
どちらもレースだったのでレース展開でタイムは変りますがそれにしても遅い。

と、まあこんな感じでした。

いつもZwiftでレースをしていると思うのですが自分のレース展開の仕方というか流れがリアルのレースと同じになります。
平坦主体のレースだと終盤まで先頭集団のそこそこの位置にいることができてもラストのゴールスプリントが苦手で集団最後尾ゴールになってしまう。
ヒルクライムだと前半から先頭に出ることはなく走りながら徐々に順位を上げる展開でそこそこの順位でゴールするけどなかなか優勝はできない。

今年はプロのレースまでバーチャルで開催することもあって、とうとうアマチュアレースの富士ヒルクライムもバーチャルで開催されました。
レースはバーチャルで開催すれば落車がなくて安全だなんて冗談で言っている人もいましたがコロナのせいでそれが現実になりました。
もしかしたらこれからバーチャルのレースもレースの形態の1つとして定着するかもしれませんね。

でも自転車は風を感じながらいろいろな路面状況にも対応しながら乗車テクニックを磨いていくのが本来の姿です。
今年は多くのアマチュア向けのレースは開催がほぼ絶望的と思われますが世の中の状況が改善されて通常のレースが開催できることを望みます。

浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
TEL:03-5849-4701
店舗HP
メールでの問い合わせ 2012spiritobike@gmail.com
(現在問い合わせフォームのリンクが切れておりますのでメールでの問い合わせはこちらのアドレスをコピペしてご使用ください。)

フィッティング申し込みフォームはこちら
ロードフィッティングサービス1回15000円です!
スピリートコーチング実施中
コーチング申し込みフォームはこちら
洗車サービス始めました!
ホイールバランス取り2160円

「Zwiftミートアップ」第一回スピリートミートアップレース開催しました

当店スピリートでは4月から毎週水曜日と日曜日の18時からZwiftのミートアップという機能を使ったグループライドを開催しています。
いつもはミートアップのまとめる機能で脚力が違っても一緒にグループで走れる設定でしたが昨日5/3日曜日のミートアップは初のレースを開催しました。
コースはZwiftの仮想コースWATOPIA内の「Bigger Loop」54.2㎞を1周するレースでした。
最初は皆で同じ条件でスタートするために5キロまではゆっくり走行、その後レーススタートという設定にしました。
このコースは最初街をスタートして平坦から峠もあり下りもありまた登って最後は平坦を走って街に戻ってくるという実際のレースに近いようなコース設定です。

5キロのアクチュアルスタート後ずっと同じ集団で走っていましたが最初の峠に入る前には私と競技部に所属する高校生と二人になってしまいました。
平坦が速くトラックが得意な高校生のため登りで差をつけねばと思い先行しますが峠に至った時点で差は30秒ほど。
当店のコーチングで使用しているGROWTAC GT-Roller F3.2はスマートトレーナー化してあるため登りでは負荷が重くなりワットを高く保ちやすいですが下りでは負荷が軽くなり逆にワットを上げにくくなります。

次の短い峠もほとんど差がつかずゴール手前まで先頭交代するような形で進む。
残りこのままでは最後に刺されて終わってしまうリアルレースでもよくある自分のパターンに持ち込まれてしまうためゴール2キロぐらい手前からロングスパートを掛ける。
だいたい350W前後をキープするように走るも差はたいして開かずラスト数百メートル手前で高校生がアタックする。
たしか瞬間で10倍以上のパワーが出ていたと思う。
あっという間において行かれてやっぱりこれまでかと思ったが失速して落ちてきた。
ラスト30秒は500W近いパワーで踏んでゴール200m手前ぐらいで捉えてなんとかゴール。

いつもZwiftでもリアルレースのようにスプリント力の無さで先頭集団にいてもゴール勝負ではずぶずぶ後退して最後尾ゴールというのが自分のお決まりでしたが今日だけは違いました。
タイムは1時間38分でアベレージワットは228Wでした。
先日の金曜にもZwiftでレースに参加したんですがその時はアベレージワットが275Wでした。
今日のコースは下りも長かったのでアベレージワットは低くなったようです。

そして翌日の今日はZwiftで初の筋肉痛になりました(笑)

      浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
      BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
      TEL:03-5849-4701
      店舗HP
      メールでの問い合わせ 2012spiritobike@gmail.com
(現在問い合わせフォームのリンクが切れておりますのでメールでの問い合わせはこちらのアドレスをコピペしてご使用ください。)

フィッティング申し込みフォームはこちら
ロードフィッティングサービス1回15000円です!
スピリートコーチング実施中
コーチング申し込みフォームはこちら
洗車サービス始めました!
ホイールバランス取り2160円