自己紹介です

最近めっきり寒くなってきましたね。
このお店の開店準備をしているときは半袖短パンだったのにもう準備期間から数えると1ヶ月ちょっとが過ぎてしまいました。
なんだか月日が経つのも早いもんです。

今日は、当店のトップページに私の自己紹介がないのでここで簡単に紹介させていただきます。
自転車を趣味としたのは中学1年生からでトップページには自転車歴30年となってますが正確には29年です。少しサバ読みました(笑)
なので逆算すれば年齢はわかるのであえて言いません。

当時は親に買ってもらったロードマン(当時の小学校高学年から中学生ぐらいまでの子供に絶大な人気のあったスポーツ車)もどきのジュニアスポーツを自分なりに改造したり浅草の自宅から1時間ぐらいで行けるところに行ったり。
よく友達と夏休みに東京湾へハゼ釣りに自転車で行ったことなんかをよく覚えています。

高校生になり高校入学祝いに親からショップオリジナルの入門ロードを買ってもらいました。
入門ロードでしたが自分が初めて手に入れた本格的なスポーツ車だったのでとても嬉しくて興奮したものです。
それからはアルバイトをしながらコツコツと部品を変えつつ1年後には念願のオーダーロードフレームを買いました。
このころはとにかくメンテのこととかいろいろなことが知りたくて週に何回もショップに通っては作業の様子を見て覚えようとしてました。
そのころにこのお店の店長をしていたY氏が自分の師匠で自分が一番弟子だと勝手に思っています。
しかし、その師匠は照れくさいのかなんなのか「お前のようなやつは弟子に持った覚えはない!」といつも言っております。

自分が高校生当時はちょっとしたロードブーム(今ほどのブームではない)で高校生も多くショップに来ていました。
高校生になったらロードレースをやりたいと思っていたので迷わずこのショップのチームに所属して群馬CSCや当時が大会初年度だった乗鞍ヒルクライムなんかに連れて行ってもらってました。

そして学校を卒業してからも自転車は続けていて個人で草レースに年間8レースほど出ていました。

それから最大の転機が、24歳の時に最初に就職した会社をやめて初めて自転車を職業にすることになります。
この時に入社した会社が自分が初めて乗ったスポーツ車を販売していた会社です。

この会社で多くのことを学びつつ走ることも好きだったため会社内で実業団チームを結成して監督までやらせていただいたりしておりました。

この約30年間に乗り継いだ自転車は自分でも何台かは正確に数えたことはありませんが確実に10台以上は乗り継いでおりクロモリから始まりその当時の最新だった機材を使ってきました。

また主に乗ってきたものはロードですがマウンテンバイクでツーリングするのも好きでマウンテンバイクを昔でいうパスハンティング的に使う楽しみ方です。
ですのでロードだけでなくマウンテンバイクやクロスバイクもメンテは出来ます。

自転車の機材だけでなく走るほうのご相談もお任せください。

と、こんな感じでなんかわかりにくい自己紹介になってしまいましたがこれからも当店「バイクショップ スピリート」をよろしくお願いします。

    浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
    BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
    TEL:03-6240-6290

            

サイクルスポーツJPに当店が紹介されました!

なんと!あのサイクルスポーツのウェブページに当店が紹介されました。
http://www.cyclesports.jp/depot/detail.php?id=5265

こんな小さい店なのに全国誌雑誌のウェブページに載せてもらっていいのかな?とちょっと恐縮です。

思えばサイクルスポーツは自分が自転車を趣味とするようになったきっかけになった雑誌です。
中学1年生のころ、親から買ってもらったBSロードマン(のようなもの)を自分で出来る範囲で改造したりして遊んでいたときに本屋さんでたまたま見つけたのがサイクルスポーツでした。
その時は見るものすべてが新鮮でめずらしく隅から隅まで食い入るように読んでました。

先日お店に来ていただいたサイスポライターの吉本さんも自分と同じようにサイクルスポーツが始めるきっかけだったそうです。

そんなこんなでいろいろな意味でサイクルスポーツさん有難うございます。

画像はパソコンの画面をデジカメで撮っただけなので見にくくてすいません。
パソコンには疎いもので画面を画像として保存する方法がわからないもので、、、

   浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
   BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
   TEL:03-6240-6290

サコッシュ!

先日、アンカー販売課の飯島さんからアンカーのサコッシュをいただきました。
お店の壁面に貼り付けていたのですがリクイガスキャノンデールの本物サコッシュも手に入れたので2つ並べてみました。

リクイガスのサコッシュは、土曜にうちの奥さんがマッサーの中野さんにマッサージをしてもらいにいったところ先日のジャパンカップで余ったものを中野さんがたくさんもらってきてそのうちの1つをもらったものです。

しかも中身入り!
日本では見たこと無いサプリメントが入っています。

うちの奥さんが中野さんのマッサージがすごくいいというので自分もやってもらおうと本日電話してみました。
電話したところ中野さんからお久しぶりですと以外な返答が、、、
中野さんとは同い歳なのですが高校生のころ通っていたショップに中野さんもよく来ていたみたいで自分のことを覚えていたらしいのです。
中野さんが有名になったころ、そのころ同じショップに通っていた先輩から当時のあだ名は「はんぺん」だったと聞いていました。
理由は下の名前が喜文(よしふみ)でそれを訓読みで「きぶん」だったのがおでんで有名な紀文=はんぺんになったらしいです。
失礼ながら自分はすっかり忘れておりました。

今週は中野さんと昔の話が出来そうです。
中野さんにマッサージをしてもらったレポートはまた後日書きます。

       浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
       BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
       TEL:03-6240-6290

臨時休業のお知らせ

臨時休業のお知らせです。

〇11/1  研修のため11~17時までの営業

〇11/2  サイクルモード見学のため終日休業

皆さんはサイクルモード行かれますか?
自分は当初行くつもりはなかったのですが昔から親しくしている取引先さんが良い物があるからおいでというので行くことにしました。
なのでサイクルモードが終了してしばらくするとお店に良い物(まだ何かは明かせません)が並びます。
その良い物が入荷したらまたこのブログでお知らせしま~す。

       浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
       BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
       TEL:03-6240-6290

古いMTBのオーバーホール

昨日このお店の近所で働いていらっしゃる方からのご依頼でMTBのオーバーホールがありました。
3RENSHOさんのMTBです。

このMTB、この方の奥様の持ち物だったらしく今度は娘に乗らせたいとのこと。
おそらく25年は経っている模様です。

まずはパーツをすべて取り払いましたが最後にシートピラーが抜けません。
古いクロモリフレームでは良くあることですが、軽く万力にシートピラーを固定してフレームを動かしてもビクともせず、、、

さあ、どうしよう?

とりあえず今日はシートピラーとフレームの隙間にオイルを流し込んで明日また試してみます。

        浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
        BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
        TEL:03-6240-6290

吉本 司さんが来店しました!

雑誌サイクルスポーツのライター「吉本 司さん」が昨日夕方来店しました。

吉本さんとはかれこれ10年ほど前から顔見知りなんですが、お店を開店したことを伝えたところ早速来ていただけました。

実は、自分と吉本さんは同じ歳なんです。
自分も年齢より若く見られるほうなんですが吉本さんのほうがさらに若々しい感じが漂っています。

いつも吉本さんと話題になるのが我々が高校生だったころの自転車の話です。

自分が高校生だった1985年ごろはまだシマノにも今で言うデュアルコントロールレバー(ブレーキレバーとシフトレバーが一体)もなくシフトチェンジはフレームのダウンチューブ上部に左右に付いたWレバーでハンドルから手を離してシフトしてました。
これがまた曲者で、うまくシフトしないと1段チェンジするはずが2段チェンジしてしまったり音鳴りがしたりというものでした。
これの過渡期にWレバーにインデックスを組み込んだものもあってこれはシフトが楽でした。
今でもシマノのバーコントロールレバーにこのインデックスシステムが使われていたりします。
それが1988年秋ごろにシマノがデュラエースでデュアルコントロールシステムを発売して一気にこれがブレイクしました。
自分も1989年の春には早速購入して装着したのを覚えています。
それが今や、変速システムも電動になりました。
電動はWレバーからデュアルコントロールレバーになったときのようなあっという間の普及率ではないような気がします。
それはデュアルコントロールレバーが優れていて不自由を感じる人が少ないからではないでしょうか。
でも、電動はチェンジも早いし楽だしさらに良いんですけどね。

こんな話をしていたら吉本さんが来店した話とはだいぶそれてしまいました。

しかし、吉本さん以外にもこのスポーツ自転車の業界は私と同い歳の人が多いんです。
たとえば、宇都宮ブリッツェンの栗村監督とか日本人マッサーとして海外プロチームで活躍する中野喜文さんとか。
あとは、先日このお店にも来られた元オリンピック選手で現在アンカーの営業をされている飯島誠さんとか。
まあ、皆さん私とはレベルが違いすぎて同い歳というのはちょっと恥ずかしい気もしますが、、、
他にも思い出せばきりがないほどです。

この年齢の業界人に共通するもの。
それは魂だと自分は思っています。
自分の好きななことを仕事にして長く続けていけるのは強い気持ちがあるからこそだと思います。

当店の名前スピリートはイタリアの言葉で魂という意味もあるのですがこれからも同い歳の方々に負けないよう魂を入れてがんばります。

画像のなかで大きい人が吉本さんですよ。

                浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
                BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
                TEL:03-6240-6290

取り扱いメーカー

お客様からの問い合わせで多いのがオーバーホールなどで何を持って行けばいいのかという問い合わせが多いのです。
バイクショップ スピリートは作業が中心ですがパーツ類は消耗パーツをはじめシマノパーツなども入手可能です。
一部当店では入手不可のパーツもありますのでお問い合わせください。
なので、オーバーホールで持ち込むときは自転車だけで大丈夫です。
また、手持ちで持っているパーツをオーバーホールついでに付けて欲しいというご要望も遠慮なくお持ちください

また完成車やフレームは在庫はしてませんが、現在のところアンカーとテスタッチでしたら入手可能です。
もう少し取り扱いメーカーは増やす予定です。
でも基本的には私がいいと思っているメーカーしか扱いをしない予定です。

そしてもうひとつ
お問い合わせフォームを作りました。
ご質問等ありましたらご利用ください。

          浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
          BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
          TEL:03-6240-6290

オーバーホール出来上がり!

本日、タイヤが入荷して交換いたしましたのでオーバーホール仕上がりです。

タイヤはオーナーのご希望でミドルグレードぐらいで耐久性も高いものをということでBRIDGESTONE EXTENZA RR2Xをチョイス。
自分も毎日通勤に使っているタイヤです。
そこそこ軽いのにパンクに強い、グリップも結構いいです。

今回はチューブを取り出してみたらリムフラップがかなりへこんでいたので新品に交換しました。

リアディレイラー付近も全体がオイル汚れしていたのがきれいになりスプロケットも見違えるほどきれいです。

クランク周辺もクランク裏まできれいになっています。

オーバーホールはきれいになるだけでなく変速やブレーキのフィーリングも新車に限りなく近い状態になります。
11/13まで工賃半額キャンペーンでフルオーバーホールが¥15,000ーです。
工賃以外に掛かる費用はワイヤー類とロードならバーテープが最低限交換が必要なパーツで約¥5,000ーぐらいです。
その他交換したパーツによって金額はことなります。
最終的な金額は作業に入る前に見積もりを出しますのでご安心ください。

今年活躍してくれた愛車をこの機会にオーバーホールに出してみては。

              浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
              BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
              TEL:03-6240-6290

オーバーホール中 その2

昨日に続き今日はワイヤーを通してブレーキ調整とシフト調整からです。
調整終了後ブレーキアウターをハンドルにビニールテープで固定する。
ちなみにこのモデルはシマノの旧モデル105(STー5600)が付いているのでシフトアウターはハンドルに沿わせず外に出るタイプですが現行モデル105(STー5700)のシフトアウターはハンドルに沿わせるのでブレーキアウターとシフトアウターを同時にビニールテープで固定します。

それからバーテープを巻きます。
巻き方は巻く方向などやり方はいろいろありますがこの巻き方が緩みにくいのでいつもこの巻き方を採用しています。
2年ほど前に雑誌サイクルスポーツにてバーテープの巻き方講座で私が登場したときにも雑誌に載った巻き方です。
個人的にはテープの膨らみがなくハンドルが滑らかな感触が好みなので特に指定がなければいつもこの巻き方です。

後はタイヤを新品に交換すれば終了ですが残念ながらタイヤのみ明日の入荷のため明日まで持ち越しです。
             
            浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
                 BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
                TEL:03-6240-6290

オーバーホール中

きのうに続いて今日はオーバーホールの作業風景です。

フルオーバーホールではないとはいえ前後ディレイラーとクランク付近の汚れ具合がとくに著しいためそれらのパーツのみフレームからはずして容器の中でクリーナーを吹き付けつつナイロンブラシでごしごしときれいにする。

クランクをはずしてからチェンリングを清掃するため5ピンもはずす。
チェンリングの清掃はクランクからチェンリングをはずしてしまったほうが断然やりやすい。
5ピンには念のためネジ用のグリスであるスレッドコンパウンドを塗布してからクランクに戻す。

そして、クランクをフレームに戻す。
左クランク固定ネジはトルクスレンチで規定のトルクに締める。
シマノの現行タイプのクランクはとくにこの部分のトルク管理はしっかりしなければならない。

洗浄した前後ディレイラーはクリーナーをしっかり乾燥させてから必要箇所にオイルと場所に応じてグリスも薄く塗布してからフレームに取り付け。

ブレーキワイヤーは切り口をヤスリで平らに仕上げてから組み付け。

次回はタイヤ交換とバーテープ巻きで終了です。

            浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
                 BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
                TEL:03-6240-6290