カンパニョーロ


当店にはなぜかカンパニョーロ装着車の持ち込みが多いです。

日本のロード愛好者の中では、まだ少数派のカンパニョーロでありながらシマノとカンパニョーロで3:7ぐらいの割合でカンパニョーロのほうが多いです。

自分自身もカンパ好きなので内心喜んでます(笑)

よくカンパの良いところってなんですか?みたいな質問をされるのですが自分は歴史の違いだと思っています。
レーシングパーツに必要な性能は何かを分かっているメーカーのような気がします。

ホイールのクイックレリーズを考えたのもカンパで変速器を考えたのもカンパですからね。

でも、極めつけはカッコイイことですかね!

当店ではカンパニョーロのパーツは古いもの以外はスモールパーツなどなんでも入手可能です。電動コンポEPSも取り扱いしております。

  浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
  BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
  TEL:03-6240-6290

冬にはこれ!

今日は特に寒いですねえ~。
これだけ寒いと足元もシューズカバーが必要です。
まあ、自分はすでに1週間前から使ってますけど、、、
寒がりなもんで。

去年から愛用しているシューズカバーがこれです。

日本が誇る高品位ウエアーメーカー「パールイズミ」のヒーターシューズカバーです。

何がヒーターかというと。

つま先部分にヒーターパネルを内蔵してくるぶしに装着したバッテリーで電力をとっています。
温度調整が4段階で最大にした場合で連続3時間使えます。
取りはずし可能でカバーは洗濯できます。

裏はこんなです。

クリートには全く干渉せず歩行時にもカバーが擦り切れることもありません。

こんないいシューズカバーなんですが11月中旬入荷予定がまだ入荷してません。
当店でもいくつかお客様よりオーダーをいただいているのですが、、、
でもまだ予約は受け付けてます。

来週には入荷するといいなあ~

 浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
 BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
 TEL:03-6240-6290

時代は完組みホイール全盛ですが、、、

このホイールは自分が通勤に使っているロードのホイールです。

自分で組んだ手組みホイールです。
最近はどんなロードも完組みホイールが装着されていますが一昔前はロードには手組みホイールが普通でした。
手組みホイールの良いところはスポークテンションの調整で自分好みの硬さに出来る、壊れても修理代が安くしかも簡単と利点もいろいろあります。
当店でもホイール組みの依頼がけっこうあって、先日はチューブラリムの手組みホイールまでありました。
お客様に聞いてみるとどこのお店でも断られてしまうとか、、、
それで当店に依頼があるようです。
最近は普段乗りにもカーボンディープホイールを使ってしまう人も多くて、個人的には「すげ~なあ~」なんて思ってしまいます。

まあ、見た目的にはカーボンのボリュームのあるフレームにはカーボンディープのほうが似合ってるんですがクロモリフレームには手組みホイールがお似合いです。

当店ではパーツ持ち込み、またはリムやハブの取り寄せによるホイール組みにも対応いたしますのでご興味のある方はご依頼お待ちしております。

  浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
  BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
  TEL:03-6240-6290

本日もバイシクルクラブの取材がありました!

自転車専門誌「バイシクルクラブ」の取材が本日、当店にてありました!

11月号に続き今回の取材は1月号に掲載予定です。
内容はメンテ系ですが編集部の方が所有するロードのロングタームレポートとして登場します。

編集部の方が自分で作業をするのを横から教えるような内容なので今度は自分が誌面に登場する場面は残念ながら少ないです。
ちなみにカメラマンは私が1月号に登場したときにもご一緒した、かつてダウンヒルで活躍した猪俣兄弟のお兄さんです。

しかし残念なことに、折角の取材なのに画像を撮ることを忘れてしまいました。
なのでブログに掲載する画像はなしです。

 浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
 BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
 TEL:03-6240-6290

明日はツールド沖縄のレース

明日25日は今年1年を締めくくる国内ビッグレース「ツールド沖縄」ですね。

私も10年ほど前までは毎年出場していて最初に出場した年の120キロ(当時は120キロだった)では入賞しました。
だたそれからは泣かず飛ばずで沖縄での入賞はそれっきりです。
4位入賞だったため盾とかメダルとかではなく賞状だったので今となってはどっかに無くしてしまって持ってません。

当店のお客様でも数人の方が沖縄に出場されます。

皆さん頑張ってください。

「チバリヨ」

  浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
  BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
  TEL:03-6240-6290

新城幸哉選手の実車が、、、

当店と同じく先月オープンしたツーリング車専門のショップが浅草にあります。

http://www.velo-apres.com/

大前 仁さんが経営するその名も「オオマエジムショ」です。
大前さんは自転車専門誌のライターとして活躍している方でツールドフランスなどの取材をずっとしてきたのでロード系の人というイメージでしたが実は学生時代にはツーリング部出身でランドナーでのツーリングをこよなく愛する方です。

当店を開店する前に挨拶に行ってこようとお邪魔したら噂どおりのいい方でした。
最近はパーツを分けてもらったりととても親切にしていただき大変お世話になっております。

なかなか手に入らないパーツがあり今日も大前さんに電話したらやっぱり在庫してました。

早速取りにお伺いしたら入口付近にランドナーと共にただならぬオーラーを発したロードが置いてあります。
よく見たら新城幸哉選手の使用した実車じゃないですか!

これをオークションに出すそうで新城選手と親交のある大前さんのお店に一旦置いてあるようです。
その他にも新城のツール出場記念と思われるゼッケンナンバーが入ったボトルがありました。

このボトル、大前さんは気前よく1個くれました!
ありがとうございます。

  浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
  BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
  TEL:03-6240-6290

燻製製作中です!?

当店は自転車屋なのに只今燻製を製作中です。

今日の燻製はチーズとタマゴの燻製です。
チーズは普通の6Pチーズでタマゴは固めにゆでてから1時間ぐらい干してから燻製にします。
しかし残念ながら売り物じゃありません。

これから閉店後に親しい人を読んでお店でパーティーなのです。
パーティーと言っても何かあったわけでもなくやりたいからするだけです(笑)

 浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
 BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
 TEL:03-6240-6290

こんな懐かしパーツが、、、

昨日に近所の方がロードを修理に持ち込まれました。

少し前のイタリアンのクロモリバイクなんですがステムとサドルが懐かしいものが装着されてます。

まずはこれ

チネリのアルターステムです。
剛性も高いのですがでかいのでいかんせんかなり重くて消えてしまったステムです。
昔はこのステムをイタリアの名スプリンター「マリオ チポリーニ」が使用していてステムの上に女性のピンナップイラストを張っているのがなんともカッコよかったステムです。

次はこれ

このサドルはかなり古いです。
それというのも自分がロードに乗り始めた26年前に初めて自分で買って装着したサドルです。
その当時はフランス人の「ベルナール イノー」が使用し人気のあったサドルです。
そのベルナール イノーも今は大きなレースの表彰台で選手にポディウムジャージを渡したりしてますよね。
うちの奥さんはベルナール イノーのことをこともあろうに表彰台おじさんなどと言っています。
フランスでは日本の長島 茂雄に匹敵する往年のスーパースターなのに大変失礼ですね。
このサドル、当時としてもソフトなお尻に優しいサドルでした。
今はこんなソフトなレーシングサドルはほとんどないですよね~

 浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
 BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
 TEL:03-6240-6290

これも26年使ってます!

この調整台は高校生のころに買った調整台です。

これ、チネリの調整台なんです。
当時は雑誌を見るとプロのチームに所属していたメカニックがこぞって使っていたので憧れもあり購入したのです。
しかし当時はクロモリフレームしかなったのでこれで良かったのですが現在主流となったカーボンフレームには具合が良くないのです。
どこが具合が良くないかというとここです。

BB部の受けです。
古いクロモリフレームならこれでフレームがしっかり収まるのですが現在のカーボンフレームはBB部分にボリュームがあって収まりが悪く上の出っ張りをカットして使ってました。

そこで考えました。
他で代用できないかと。

出来ましたよ!
これです。

この受けはBici Support社の調整台に使うBB受けです。
以前の職場でBici Support社の調整台を使っていたときがあり、このBB受けを折ってしまい部品のみ取り寄せたことがありました。
それを思い出して、もしや使えるのではと考えたのですが勘が見事に当たってなんの加工もせず取り付け出来ました。

これで明日から少し作業が楽になります。

  浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
  BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
  TEL:03-6240-6290

この中身は?

先日、お客様から聞かれたました。
このサドルバッグは何が入ってるのと。

これは毎日通勤で使っている私物のロードに付いているサドルバッグです。

中身はこれです。

上がサドルバッグで、左上からスペアチューブ1本(ジップロックに詰め替え)エアーボンベ2本、エアーボンベのアダプター、ミシュランのタイヤレバー、左下からタイヤブート(タイヤがバーストした時にタイヤ裏から張って応急処置をする)、パンク修理パッチ(1日に2回パンクした時のため)、携帯工具。

これだけで走っているときのトラブルはほとんど解決してきました。
MTBで山の中を走るときはチェーン切れなどもあるのでもう少し持っていたほうがいいのですがもう20年近くはこんな感じです。
これを小さいサドルバッグにぎっちり詰めているので中身がカタカタ動くこともありません。

しかしサドルバッグで気をつけなければならないのはアダプターなどが経年劣化によって走行中に割れてしまいサドルバッグを落としてしまうことがあります。
自分も以前に峠を下っているときに振動でアダプターが割れて落としてしまいコロコロと転がって崖から落ちてしまうサドルバッグをただ眺めていただけという情けない状況になったことがありましたから、、、

当店でもサドルバッグ以外のものはすべて店頭に在庫していますよ~。

  浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
  BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
  TEL:03-6240-6290