「KOGA」始めました!

先月よりオランダメーカー「KOGA」の取り扱いを始めました。

コガは以前スキルシマノが使用していたメーカーです。
私がロードに乗り始めた30年ほど前は「KOGA MIYATA」といって日本の宮田と技術提携して作られていてその当時は数少ない日本でも入手できるヨーロッパ車でした。
今は宮田は外れていますが自分にとっては懐かしくもあるメーカーです。
昔は身体の大きな屈強なオランダ人が石畳を疾走しても壊れないレーシングバイクというイメージでしたがシマノスキル時代にマルセルキッテルがスプリントで勝利を量産していたことからスプリントに強いステージレース向けのフレームという感じのイメージでしょうか。

先日、早速納車させていただきました。
KOGA1
ご近所にお住まいのご夫婦の奥様に納車させていただきました。
画像は自転車を撮影する鉄則であるドライブトレイン側と逆になってしまっておりますが…
モデルはA-Limited105でアルミの軽量フレームを採用しシマノ105フルセットのコガらしい質実剛健なモデルです。

当店は完成車およびフレームのバラ組でお買い上げいただいた場合はフィッティングとガラスコーティングを無料で行っています。
こちらも納車前にフィティングをしてその結果一部のパーツを交換しています。
交換したのは…
IMG_0292
まずはハンドルです。
フレームサイズが470mmと小さいサイズながらハンドル幅が400mmと広めのものでしたので幅の狭いものへ交換しました。
交換したものは東京サンエスさんのオリジナルブランドディズナの「ジェイフィットアークFZ」という新製品でハンドル形状がドロップ、リーチともに短いだけでなくブレーキブラケットが握りやすくなったものです。
ちなみにバーテープは純正ではブラックでしたがフレームに合わせてフィジークのオレンジへ変更してあります。

次に
IMG_0290
シートピラーです。
これもディズナのシートピラーでアークシートポストです。
なぜ交換したかというとフィッティングの結果サドルもかなり後ろへ後退させなければならずオフセットの大きなシートピラーが必要だったためです。こちらはオフセットが35mmあります。
フィッティングをすると身長の低い人ほどサドルを後ろへ後退させなければならないことが多くなります。
それは小さいサイズのフレームほど設計上シート角を立たせなければならないことでサドルが前に来てしまうためです。
このあたりのことは当店でフィティングをさせていただいた際に身長の低めの方には詳しく説明させていただいています。

最後に
IMG_0289
クランクも交換しました。
標準で105が装着されているので性能面では全く問題ないのですがこちらもハンドルと同じく小さいフレームサイズながら170mmと長めのクランクでした。
そこで交換したのはこれもディズナの「ラ・クランク」です。
東京サンエスさんは欧米人に比べ身体が小さめの日本人でも無理なくフィットするよう身体に接する部分のパーツにこだわっていますがなんとクランクまであります。
これはシマノにはないクランク長の162.5mmのクランクです。
歯数もシマノにはない49×35Tです。
フィッティングの結果とオーナーの方の乗り方を考慮してこちらになりました。

以前もアルミに乗られていたのですがだいぶ車重も軽くなったのと身体と乗り方に合わせたフィティングでかなり乗りやすくなったようで先日は今までよりも2倍の距離を乗れるようになったとのこと。

こちらのモデルは現行モデルですが特価で販売が可能です、他にもコガには特価の完成車やフレームがありますのでお値段や在庫等は下記メールか電話にてお問合せください。

   浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
   BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
   TEL:03-5849-4701
   店舗HP
   メールでの問い合わせ 2012spiritobike@gmail.com
(現在問い合わせフォームのリンクが切れておりますのでメールでの問い合わせはこちらのアドレスをコピペしてご使用ください。)

工賃が改訂されました。オーバーホールは税込2万円です!
ロードフィッティングサービス1回1万円です!
フレームガラスコーティングやってます!
洗車サービス始めました!

「Guerciotti ECLIPSE 64-14」インプレッション その2

好評の「Guerciotti ECLIPSE 64-14」のインプレッション
ちょっとあいだが空いてしまいましたが第2回目は走行性能を中心に書きます。
使用パーツはコンポーネントがカンパニョーロのコーラス機械式変速でホイールは普段から練習用にしている手組の32Hローハイトのアルミリム仕様です。ハンドルとステムは3Tでどちらもアルミです。
乗り心地とハンドリング、踏み心地の3点に絞ったインプレが中心です。

1、乗り心地
まず最初に乗って感じたのが乗り心地の良さです。
こちらに乗り換える前はサーベロのS3に乗っていたためエアロロード特有の乗り心地の悪さがあったためよけいにそう感じたのかもしれません。
最近のレーシングバイクはどんどん高剛性化が進んでその反面どうしても乗り心地が犠牲になっています。
高剛性でありながら乗り心地も良くするというのは各社がいろいろな手法を凝らしているところなんですがフルモノコックフレームらしい全体がしなることで自然なフィーリングになっています。

2、ハンドリング
自分の感覚ではニュートラルに近い感じだと思います。
曲がりすぎず曲がりにくいわけでもない。
去年秋にこれを組んでから3日後に伊豆大島へ合宿に行きました。
大島の1周道路を反時計回りすると下りのS字コーナーになる場所があるのですが左に曲がりながらすぐに右に曲がるという場合でも切り返しが軽くスムーズでした。
IMG_0011
これは大島の椿公園の入り口付近ですがこの少し手前にS字コーナーが連続する場所があります。
ちなみにここのコーナーはブラインドのS字になっていて
自転車の事故が多いようですので走りにいく方は気をつけましょう。

3、踏み心地
ペダルを踏んだ時の反応は典型的なイタリアンバイクそのもので最初の踏み出しは重いです。
ゼロからの加速ではフレームの硬さをしっかり感じます。
仮に試乗会なんかで試乗したとすると「あんまり進むフレームじゃないな~」と感じてしまうかもしれません。
ですが、しばらく乗り続けて踏むポイントみたいなものが分かるとその印象も変わります。
しかし、プロに供給するモデルですので高いスピード域での性能に特化しているように思われます。

まず乗ってみて最初に感じたのは典型的なイタリアンバイクだな~と思ったことです。
フレームのガッチリとした安心感と走行時の安定性があります。
レースでの使用は、ここ数年コンスタントにレースへ出場することもないのでまだ去年のツールド沖縄のみです。
いつも沖縄のレースを走ると後半は足が攣りそうになっていたのですが今回はその兆候がありませんでした。
このフレームにしてから他のパーツを変えたわけではなく全てパーツは以前のフレームからの乗せ換えでしたのでフレームの効果もあったのではと思っておりこれはかなりの収穫でした。
組んでからすぐに行った大島合宿では登りでは今までよりも軽いギアのほうが調子よく登れたためスプロケットも12-25Tから12-27Tへ変更しました。
やはり最新レーシングバイク基準の硬いフレームなので踏まないようにしないと足にきます。
登りは今までより軽いギアで回して登っていますがいつも走っている登りでのSTRAVAのタイムは悪くなっていないので軽いギアの選択は正解だったなと思っています。

次回は普段乗っていて感じるデメリットとメリットについてを中心にしたインプレです。

浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
TEL:03-5849-4701
店舗HP
メールでの問い合わせ 2012spiritobike@gmail.com
(現在問い合わせフォームのリンクが切れておりますのでメールでの問い合わせはこちらにお願いします)

工賃が改訂されました。オーバーホールは税込2万円です!
ロードフィッティングサービス1回1万円です!
フレームガラスコーティングやってます!
洗車サービス始めました!