伊豆大島単独合宿 2日目

朝起きるとやっぱり雨でした。
前日から予報を見て、たぶん雨だろうからと朝食は遅めにしてもらった。

朝食の場所に行くと誰もいない。
平日のこんな天気なので宿も暇なようで食べている時も女将さんがあれやこれやと話しをしてくれた。
ここの宿は元々バブルのころにお金持ちが別荘として建てたものを宿として利用しているそうです。
こんな感じです。
image
3部屋しかありませんが当時は数億円かけて造ったそうで築25年だそうですが他の大島にある宿のようなチープ感がありません。

そして、女将さんのお話はずっととまることなく続きます。
ご飯のおかわりをしたかったのですが気がついてもらえず、堪らずこちらからお願いする(笑)
7月に店のイベントでお客様を連れてくるかもしれないと話したら、まだ7月の週末は大丈夫だとのことで一応予定している日にちに仮予約をさせてもらった。

遅い朝食も終わり時間は9時ぐらい。
まだまだ雨は止む気配もなく、そして雨の中乗る気にもなれずお昼前までゴロゴロする。
今日の帰りの船は14時30分発で、またも宿からは遠い岡田港発予定になっていた。
理由は前日にあったチリ地震による津波の影響があったときのためだそうだ。
宿からは10キロちょっとの距離なので雨の中走っていくことにした。
雨も考えてレイン用のゴアテックスウィンドブレーカーとレインシューズカバーにホットタイプのマッサージクリームを持参していたのでよかった。
足にはタップリとクリームを塗っておく。
12時半ぐらいに激しく降っていた雨も少し収まってきたのでこのタイミングで出ることにする。

途中に元町の中心を通過すると廃屋らしきものが…
でも、よく見ると廃屋ではなく去年の大規模な崖崩れによるものだった。
昨日もここは2回も通過していたのにそうとは気付かなかった。
場所は元町港から数百メートルぐらいのところで、50メートル強ぐらいの幅で上部から根こそぎ山が剥ぎ取られていた。
こんな街の中心であったことだなんて驚きだった。
image

そして岡田港へ到着。
このまま輪行袋へ濡れたまま入れると、錆びる可能性が大なのでひととおり水気を拭いてから輪行袋へ入れる。

遅い昼を食べてからほどなくして船が港に接岸される。
平日で天気も悪いためなのか大島から乗船する人もいつもより少なめのような気がする。
image
やはり船室に行くと誰もいない貸切状態だった。
image
暇なのでこのブログを書いていたのだが波が荒いのか船がよく揺れる。
普段乗り物酔いはしない自分でも下を向いてブログを書いていると酔いそうだったので途中でやめて仮眠することにした。

しばらくして東京湾に入りましたと船内アナウンスがあり起きると揺れがすっかり収まった。
そこから1時間半ほどで竹芝に到着。
竹芝も雨だった。

7月は晴れるといいですね!

浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
  BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
  TEL:03-6240-6290
  店舗HP 

  ホイールのセラミックベアリング化格安でやってます!
  フレームガラスコーティングやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください