10/11「秋のつくば8耐」総合4位になりました!

10/11春のつくば8耐に続き、今年最後のつくば8耐「秋のつくば8耐」へ出場しました。
スピリートチームからは2チーム8名のエントリーです。
この「つくば8耐」は春、夏、秋とシリーズ戦になっており秋は今年最後のつくば8耐となります。
普段は、モータースポーツで使われるサーキットを1日閉鎖して8時間を交代で走りきる大会です。

朝早くにスピリート店舗前に集合し現地合流組とは常磐道の守谷SAで朝5時半に待ち合わせ。
6時過ぎにつくばサーキットへ到着すると既にほとんどのチームがチームピットを設営していました。
我がチームもすぐにピットを設営する。

そしてスタート前の準備中。
IMG_0054
ゼッケンをジャージに付けたりなどスタート前は慌しい。

そしてスタート直前の第一走者たち。
IMG_0058
こちらは今回入賞を狙うために召集した「スピリート&ニコタマ」チームの選手のひとり若手の福本選手。

M選手
スピリートの常連様で構成されたチーム「スピリート」の第一走者村上さん

スタートは一般的な自転車レースのそれとは違いモーターバイクレースのように走路の端に斜めにゼッケン順にならぶ。

朝9時になり8時間耐久レースのスタート!
我がチームはかなり後方からのスタートだったにもかかわらず2周目に入るころにはスピリート&ニコタマの福本くんは先頭集団の前に位置している。
さすが高校時代にインターハイを走っただけのことはある。

続いてスピリートチームの村上さんも2周目へ入る。
4周目あたりになると福本くんが集団からエスケープを始める。
「まだまだ先は長いから無理するなよ~」という感じなのだが…
案の定、逃げに乗ってくる人もほとんどおらず未遂に終わる。

30分ほど経過してスピリートチームの村上さんがピットに戻ってきて第2走者へ交代。
福本くんは30分を経過していてもまだ走り続けている、そろそろ戻ってきてほしいと思っているとやっとピットインしてきた。
次はニコタマサイクルの井上さんに交代。
なぜ30分ぐらいで交代するのかというと、8時間のうちに15回以上ピットインしなければならないという大会ルールがあるためです。

そしてスピリート&ニコタマもスピリートチームも落車もなく順調に進む。
自分はスピリート&ニコタマチームの4順目を担当することになったのでスタートしてから1時間半ちょっとが経過して最初の出番がくる。
走り出してみるとなかなかいいスピードの集団がなく一人旅が続いたが6周目あたりだったかで、そこそこの集団を捕まえたので残り3周を集団で終えて30分を少し切るぐらいの走行時間でピットイン。

自分の最初の出番が終わりスタートから2時間半ほど経過して順位を確認するとスピリート&ニコタマチームは201チーム中総合9位に位置している。
9位
スピリート&ニコタマチームの目標は入賞することだがこの先さらに順位をあげられるか?
ニコタマサイクルから来てもらった岩倉選手が風邪気味とのことでちょっと心配ではあるが本人は大丈夫だとのことなので信じることにする。

お昼も過ぎて13時すぎ、スピリート陣営の2チームは順調です。
IMG_0067
スピリート&ニコタマチームは6位へジャンプアップ!
どうやらピットがお隣のチームコムリンさんと5位と6位争いをしている模様で、私もコムリンさんに何人かお知り合いがいるのでお互い頑張りましょうとエールを送る。
スピリートは2チームともほぼ同じタイミングでピットインを繰り返しており計算どおりギリギリ15回のピットインで最終走者につなげそうだ。

IMG_0069
現在15時半スピリート&ニコタマチームは5位です。

ここでスピリート&ニコタマチームは最終走者を福本くんにするために走る順番を変える作戦に。
なぜ福本くんを最終にしたかは後に分かります。

そしてスピリート&ニコタマチームは最終走者へ最後に引き継ぐのが自分の役目となりました。
4時ちょっと前に岩倉選手から引継ぎスタートする。

この時間になると疲れているためかいい集団がなかなかおらずスピードも若干遅い。
10人ほどの集団をコムリンさんのお知り合いの方と二人だけで回す。
いい加減誰か前に出て引いてくれと思っていたところにもう一人コムリンの方が現れて3人で引く。
スタートして25分ほど経過し次の周回でピットに入る合図を送りピットイン。

最終走者の福本くんへ全てを託す。
さすがにラスト30分はピットインが出来ないためどこのチームもいちばん速いひとを最終にしているためか大きな集団ができる。

最終を福本くんに任せたのはゴールで集団スプリントを制するためです。
彼には最後の仕事として集団の頭をとってもらうように頼みました。

IMG_0077
夕日の中を走る。

このつくば8耐は8時間がちょうど経過したときにゴール地点を通過した人からその前にいる人全員があともう1周回ってゴールとなります。

ここでちょっとした事件が…

時間がギリギリだったためか福本くんが最終周を間違えて1つ手前でスプリントをかけてしまう。
隣にいた選手に言われて気ずいたようだったがかなり力を使ってしまった様子だった。
そして、最終周回。
そんな心配をよそに福本くんが集団前方でバックストレートを上がってきている。

そして、ゴール。
指令どおり集団スプリントを制した。
よくやった!福本くん。

さらに1周回って戻ってくると福本くんがバイクの後ろについてゴールに戻ってくる。
まだもう1周走る模様。どうやら福本くんが間違えてスプリントをして先行しそのすぐ後ろの選手で8時間が経過したようで最終走者となったようだった。

そして最終的には「スピリート&ニコタマ」は総合4位でクラス別(男子4人チーム)で3位入賞を果たす。
もう1チームの「スピリート」チームは総合66位でクラス別(男女混合)8位であった。

こちらがクラス3位の表彰の様子です。
つくば表彰式
つくば秋8耐
ニコタマ
今回、ニコタマサイクルから助っ人で来てもらった井上さんと岩倉くんの二人。
さすがベテランだけあっていい走りをしてくれました。
このふたりは、私が前職の会社で実業団チームの監督をしていたときの元チーム員です。
当時からチーム内では1,2位を争う実力の持ち主たちでした。

スピリートチーム
スピリートのお客さんで構成した「スピリート」チーム。

来年の春の8耐はさらなる躍進を目指します!

  浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
  BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
  TEL:03-6240-6290
  店舗HP 

  ホイールのセラミックベアリング化格安でやってます!
  フレームガラスコーティングやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です