ORBEA 2021`モデル展示会行ってきました

本日販売店向けのORBEA展示会があり行ってきました。
オルベアはスペイン大手の総合自転車メーカーです。

「オルベアの公式ページはこちら

少し前は同じくスペイン拠点のプロツアーチーム「エウスカルテル エウスカディー」に機材供給されていたため日本人にも馴染みのメーカーではないでしょうか。
しばらくエウスカルテルが消滅していたためオルベアもチームへの供給が無かったのですが今年はエウスカルテルが復活してまたオルベアも機材供給を始めています。

こちらが今年エウスカルテルに供給している最上位機種OMXでカラーリングもこのカラーになります。
往年のモデルを彷彿させるオレンジを基調にしたカラーです。
購入も可能ですがOMXのみのカラーになります。

またロードでは2021‘にフルモデルチェンジした「ORCA OMR」が注目のモデルです。
ORCAはレース向けとなるモデルで大きく分けて2つあり去年フルモデルチェンジしたOMXと今年フルモデルチェンジしたOMRです。
レースモデルのフレームはこの2つでコンポーネントの違いで細分化しています。

OMRで特に当店でおすすめのモデルは「ORCA M20iTEAM」です。
フレームはOMRでコンポーネントがシマノ アルテグラDi2になります。


Di2のジャンクションはダウンチューブのボトルゲージ下付近にあります。
ちなみにOMXはダウンチューブのボトルゲージより上にジャンクションがあります。


ハンドル回りのワイヤー処理はこのようにステムの下からフレーム内に引き込むようになっていてメンテナンス性は良さそうです。
このワイヤーの処理はOMXと同じ仕様です。


フレームとタイヤのクリアランスもかなり余裕があります。
驚いたことに対応可能なタイヤサイズは700×35CまでOKだそうです。
ここまで太いタイヤが装着可能だとハイトの低いグラベル用のタイヤなら装着可能なのでちょっとしたグラベルロードのような使い方も出来るかもしれません。


こちらは「ORCA M20」というモデルです。
OMRは同じフレームでレース用とコンフォート用に分けられていてモデル名の末尾にTEAMとあるのがレース用でないものがコンフォート用です。
コンフォート用に位置付けられているモデルはフロントフォークとハンドルが違いフォークはコラムがアルミコラムになりハンドルは上部が20mm上にライズしたハンドルが装着されています。

ロード以外にもオルベアではヨーロッパでのMTB人気もあってMTBのラインナップも豊富にあります。
今回の展示会では残念ながら展示が少な目でしたが。

そしてオルベアには最大のおすすめポイント「Myo」というシステムがあります。
これはウェブ上でカラーリングなど自分だけのカスタムが出来るオーダーシステムです。
Myoでオーダー可能なのは各モデルともミドルグレードより上のモデルになります。

こちらの各モデルでMyoの表示があるモデルがオーダー可能なモデルです。

このオーダーシステムはなんとオーダーによるアップチャージはありません。
ホイールやハンドルなどをアップグレードした際などはその分のアップチャージがあるのみです。
生産もスペインの本社工場で一貫して製造していて昨今の他メーカーのように台湾生産ではありません。
自転車の納品も当店へ直接スペイン本社から送られてきて最後は当店にて組み立て調整をして納車となります。

他メーカーにはない魅力が多くあるのがオルベアです。
当店ではロードだけでなくトライアスロンバイクなどの販売もありますので気になる方はお問合せください。

     浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
     BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
     TEL:03-5849-4701
     店舗HP
     メールでの問い合わせ 2012spiritobike@gmail.com
    (現在問い合わせフォームのリンクが切れておりますのでメールでの問い合わせはこちらのアドレスをコピペしてご使用ください。)

フィッティング申し込みフォームはこちら
ロードフィッティングサービス1回15000円です!
スピリートコーチング実施中
コーチング申し込みフォームはこちら
洗車サービス始めました!
ホイールバランス取り2160円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください