タイヤ変えました!

昨日に続き変えてみましたシリーズです。

今日はチャレンジのタイヤです。
チャレンジはかつてチューブラ全盛時代に人気のあったタイヤメーカー「クレメン」の後釜のようなメーカーです。
クレメンはしなやかな乗り心地でグリップも高く当時は好きなタイヤだったのですがチャレンジははたしてどうなのか?
しかも今回はクリンチャータイヤでしかもいちばん廉価版のタイヤです。

「Challege  ELITE 700×23C」¥3、900- 税込
1 001

いまどき珍しいアメサイドのタイヤです。
値段は1本¥3、900と安いですがハンドメイドタイヤです。
見た目は昔のクレメン クリテリウム(20年以上前に決戦タイヤの定番だったタイヤ)にそっくりです。

まずはリムにはめますがこれがかなり硬い。
リムはマビックなので普通のタイヤなら簡単に手ではまるのにタイヤレバーが必要な硬さです。
タイヤ交換に慣れていない人だとかなり苦労しそうなレベルです。

タイヤを装着して車体にセットするとなんか変な感じです。
ブラックサイドのタイヤを見慣れているせいかもしれませんが最近のロードにはアメサイドは似合いません。
とりあえず2日間通勤で使ったので60キロ弱乗りました。
指定空気圧は7~10BARで7BARにセットしての感想は安いタイヤなのに意外なほどいいです。
段差を超えたときのタイヤの跳ねも少なくグリップも良好です。
でもコンパウンドをみた限りでは減りは早そうです。
値段は練習用タイヤの値段ですがおそらく最近の決戦タイヤよりも減りは早いと思います。

でも、この値段でこの乗り味はなかなかのタイヤです。
1 002

最後に、、、
昨日のバーテープですがグリップがとても良くてかなり気に入りました。
冬用の指付きグローブだとハンドルのグリップ感が指なしに比べて劣りますがこれなら軽くハンドルを握るくらいでいいので疲れの軽減にもつながるかも。
1日ですでに少し汚れがありますが洗えるようなのでまあいいかなといった感じです。
  
  浅草生まれの店主が営む浅草の小さな自転車屋
  BIKE SHOP SPIRITO(スピリート)
  TEL:03-6240-6290
  ホイールのセラミックベアリング化格安でやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください